• (C)DVT Antwerpen
    ベルギー(アントワープ)



  • スイス(メンリッヘン)


  • (C)Toerisme Vlaanderen/d. de Kievith
    ベルギー(ブリュッセル)



  • スイス(バーゼル)



  • 小便小僧



  • キンデルダルク

ベルギー新着記事新着記事一覧
【2017/06/07】第19回ベルギービールウィークエンド
【2017/02/13】ベルギー・ルーヴェン、ビール祭り
【2016/03/15】楽しいアントワープのマーケット巡り♪
【2016/02/09】ブルージュ、無形文化遺産・聖血の行列
【2015/10/27】サロン・デュ・ショコラ開催2016年
【2015/09/30】ベルギー、シント・マルテンス・ラーテム
【2015/06/02】ブルージュ、トリエンナーレ・ブルージュ2015
【2015/05/23】第17回ベルギ・ービール・ウィークエンド!
【2015/03/14】ブリュッセル、中世を再現する祭『オメガング』
【2014/10/20】ポールデルボー
【2014/7/24】ブリュッセルの王宮:一般公開
【2014/7/27】フラワーカーペット
【2013/08/16】 運河の風が道しるべ≪アムステルダム4≫ 食も旅の楽しみ レストラン
【2013/08/12】 運河の風が道しるべ≪アムステルダム3≫ 種類豊富な運河クルーズ
【2013/08/07】 運河の風が道しるべ≪アムステルダム2≫ アイススケート
ベルギー専門店の業務内容
お一人様からご家族、友人同士でのベルギー旅行のお見積り、予約、手配
ヨーロッパ個人旅行のお見積り、予約、手配
ベルギー国内での鉄道乗車券、ベネルクスパスの手配など
シャトーでの宿泊やオーベルジュ・オステルトの宿泊手配など
三ツ星レストランの予約、コンサートチケットやオメガングチケットの手配など
日本語ガイドの手配や専用車の手配など
ビール工場やチョコレート工房見学の手配など
ベルギー専門店  Tel:03-5560-1600 Fax:03-5560-0401
Mail:eur@cycletour.co.jp

お客様の声

スイス専門店をご利用いただいたお客様の声を紹介!

【2013/08/12】 スロヴェニアとクロアチア旅行から帰国して

ベルギーセンターではクロアチア旅行の販売も致しております。
先日、スロヴェニアとクロアチアの周遊旅行から帰国された女性のお客様からメッセージをいただきました。

****
この度は、旅行手配いただきありがとうございました。
参加の4人全員が大満足の旅でした。
すべての都市が魅力的で、どこが一番と言うのは、決められませんね。
(注釈:訪れたのは、スロヴェニア首都のリュブリャーナ、オーストリアとの国境近くに位置するブレッド湖、ヨーロッパ最大規模の鍾乳洞のあるポストレイナ、クロアチアは首都ザグレブ、世界遺産プリトヴィッツェ国立公園、そしてドブロブニクでした。)

本当に、ありがとうございました。

****

基本情報

ベルギーは見所がいっぱい

出入国手続き2019/6/7

◆出入国審査
パスポートを提示するだけで済みます。

日本からベルギーまでの直行便は無いため、必ずヨーロッパのいずれかの都市を経由し、その都市で出入国審査を受けることになります。
例えば、オランダのアムステルダム経由でブリュッセルへ入る場合、入国審査はアムステルダム空港で済ませます。ブリュッセル到着時に入国審査はありません。
出国時も同様、出国審査はアムステルダム空港でとなり、ブリュッセルではセキュリティチェックのみとなります。

ヨーロッパの殆どの国はシェンゲン協定に加盟しています。シェンゲン協定加盟国同士での国境の移動ではパスポートコントロールがありません。そのため、出入国審査は最初と最後に訪問するシェンゲン協定加盟国で済ませることになるのです。


◆ビザ
*3ヶ月以内の滞在
観光目的の場合、ビザ不要。但し、パスポートの残存有効期間6ヶ月+滞在日数分が必要となります。
*3ヶ月以上の滞在
在日ベルギー王国大使館発行の臨時在住許可証が必要。
 ベルギー王国大使館 
  〒102−0084 東京都千代田区二番町5−4
  TEL 03−3262−0191
 ベルギー王国総領事館
  〒530−0001 大阪市北区梅田2−6−20−12F
  TEL 06−6341−9432

■入国
出入国カード不要。検疫不要。
*税関
日本から無税で持ち込める範囲は品物によって規定がある。
−タバコ  : 17歳以上であれば次のいずれかまでは免税。
        紙巻タバコ200本、葉巻50本等
−酒類   : ワイン2箸房,里い困譴の追加までは免税。
        醸造酒1函▲轡礇鵐僖鵤沖氾
−香水など : 香水50g、オードトワレ大瓶1函
        コーヒー500g、茶100g等
−身の回り品: 個人的に使用する目的の衣類、化粧品、土産物、
        贈答品などは175ユーロまで。

■免税払い戻し
*免税と手続き
EU圏外の居住者が買い物時に支払った付加価値税VATは、EU内の最終出国地の税関で還付手続きを行うことが出来ます。
免税は1軒の店で1回の合計125.01ユーロ以上の買い物をした場合に適用されます。
*CASH REFUND SYSTEM TAX FREE
SHOPPING加盟店で買い物をした場合は、手続きに必要な用紙
(TAX FREE SHOPPING CHECK)を店で記入してもらって下さい。この時、買った品物にはシールが貼られるが、出国時までシールを剥がさないこと。用紙に必要事項記入後、税関のスタンプをもらう。
ブリュッセル空港内又は、成田空港、関西空港、東京シティエアターミナル内のリファンドカウンターで現金による払い戻しを受ける。
過去の基本情報をすべて見る

グルメ情報

ベルギーは美味しいモノがいっぱい

***ベルギービール***2019/11/8

★レッフェ・ブロンドが4年連続の優秀賞を獲得
国際味覚品質協会は、ヨーロッパ内の100人のシェフとソムリエの投票によって、毎年、「優秀ラベル飲食物」を選定します。ビール部門では、レッフェ・ブロンドが4年連続受賞、InBev社では、ほかにもレッフェ・ルビーとレッフェ・9°が、Timmermans社では、フランボワーズ・ランビックが受賞しました。また、ソフトドリンク部門では、Schweppes Belgiumが選ばれました。バドワイザーの買収に成功して、再びシェアー世界1に返り咲くことになったInBev社の鼻息は荒い、というところでしょうか。

★ヒューガルデンが、かつての味わいを取り戻しました!
 「ヒューガルデン」Hoegaardenは、ベルギービールの中で日本人に最も馴染みのあるホワイトビールですが、2005年11月からは、フラマン・ブラバント州(ブリュッセルを取り囲むように国の中央に位置している州)のヒューガルデン村の醸造所ではなく、西の方のリエージュ近郊のジュピーユJupille醸造所で生産されていました。
1965年にヒューガルデンの牛乳屋さんが始めた小さな醸造所も現在は、ルーヴェンにある
世界第2位のInBev社(数日前に日本の新聞でも報じられたように、ビールのバドワイザーで有名なアメリカのアンハイガー・ブッシュ社に買収提案しました)の傘下にあります。
InBev社は、2年半前にリストラの一環として、ヒューガルデンの生産をジュピーユ醸造所に移行し始め、ビールの専門家たちから「ジュピーユでは同じ味わいは出せない」と批判を浴びせられてきました。それでも会社側は「問題があっても、ヒューガルデン醸造所は完全閉鎖」と強硬な姿勢を続けていました。
ところが昨年の秋から態度を軟化させ、ついに、故郷に戻ることが決定されたのです。夏のピークに間に合わせて生産を再開し、新製品の「ヒューガルデン・シトロエン」(レモンのスライスを加えてあり、ちょっと甘味があります)を発売し始めました(日本ではまだ入手できないかもしれません)。「ホンモノの」ヒューガルデンを2年半ぶりに味わえるようになったのは、何とも喜ばしいことです。


★ブーン・グースが世界ビールカップで金メダル獲得!
伝統的な自然発酵製法によって作られたビールであるランビック。ブリュッセルを中心とした半径10マイルの地域にのみ棲息している野生酵母で自然発酵させたベルギー独特の酸味の強いビールです。グースはランビックの一種です。
この春、アメリカ醸造者協会主催の世界ビールカップ(28の銘柄がエントリーした伝統的ビール部門)でブーン醸造所の「Oude Geuze」が金メダルを受賞しました。ブーン醸造所は昔ながらの小規模な家族経営を続けていますが、4年前にも別のグースで銀メダルを獲得しています。

★りーフマンス醸造所でクリーク生産を再開
昨年、他の醸造所にクリーク(チェリービール)の原料のチェリーを引き渡す余裕もないままに倒産し、愛好者を悲しませていた「リーフマンス・クリーク Liefmans Kriek」が7月下旬、店頭に戻ってきました。Duvel Moortgatが新しい経営を引き受け、元の醸造所で生産を再開したのです。クリークもランビックの一種です。

過去のグルメ情報をすべて見る

ショッピング情報

ベルギーはカワイイものがいっぱい

●ブリュッセルの蚤の市 2019/10/17

ブリュッセルの毎日開かれる蚤の市の散策はいかが??
毎日朝8時頃から人が集まり出してお昼で終了です。
衣料品、食器、銀製品、シャンデリア、本、家具、
その他・・・・生活品等・・・・

過去のショッピング情報をすべて見る

イベント情報

ベルギーは楽しいコトがいっぱい

【2013/06/07】 ミッフィーの家、ディック・ブルーナ・ハウス(オランダ)2013/6/7

「ミッフィー」のことを知らない … なんていう人はいるでしょうか? ユトレヒト出身のイラストレーターであり、グラフィックアーティストや作家でもあるディック・ブルーナさん(1927年生まれ)は、出身国オランダの首都アムステルダムから日本の首都東京まで、世界中で広く知られています。ミッフィーの絵本は数多くの言語に翻訳され、世界中で愛読されています。いまやミッフィーそのものがデザインのアイコンです。

「ミッフィーの家」は2006年にミッフィーの故郷ユトレヒトに誕生しました。市の博物館である「セントラール・ミュージアム」の向かいにあります。「ディック・ブルーナ・ハウス」(現地語ではdick bruna huisとすべて小文字で表記されます)と呼ばれるこのスポットで、各出版社よりセントラール・ミュージアムに長期間貸し出されたブルーナ・コレクションを鑑賞することができます。コレクションの総数は7,000点あまり。子供向けの絵本はもちろん、書籍の装丁デザインやポスターのデザインなども展示されています。アムネスティ・インターナショナルやオランダ赤十字などの団体のために、ブルーナさんが無償で提供したデザインもここで見ることができます。

ミッフィーの家
ディック・ブルーナ・ハウスへぜひお越しください!

dick bruna huis
住所: Agnietenstraat 2, Utrecht (セントラール・ミュージアムの向かい)
開館: 火曜〜日曜 11時〜17時(祝日は月曜も開館)
入館料: 一般 11ユーロ
ウェブサイト: http://centraalmuseum.nl/en/visit/locations/dick-bruna-house/
過去のイベント情報をすべて見る