ヨーロッパ個人旅行

ヨーロッパ個人旅行

TEL:03-5560-1600 平日:9:30〜18:30/土曜:9:30〜15:00(日・祝日休業)

お問い合せ

ヨーロッパ 新着ニュース

11月82018

【2018/11/08】ポーランド・クラクフ、ショプカ・コンクール

ショプカ(Szopka)とはキリスト誕生の場面を再現した模型のクリスマス・ハウスのこと。クリスマスが近づくとポーランド中いたるところの街角や教会に飾られますが、ここクラクフで創られるほど絢爛豪華なショプカは、他のどこにも見ることができません。

ショプカの歴史は19世紀後半にさかのぼります。 初期の頃のショプカは、キリストが誕生したベツレヘムの馬小屋の模型に、聖母マリアと誕生したばかりの幼子イエス、そして聖ヨセフ、羊飼いや動物などをあしらっただけのものでした。クラクフやその近郊に住む大工や左官工たちがその作り手で、建築の仕事が少なくなる冬の手仕事として始めたものでした。彼らはクリスマスが近づくと手作りのショプカを手に家々を訪ねて売り歩いたのです。

ショプカのモデルとなった建物の筆頭は聖マリア教会でしたが、他にもヴァヴェル城やスキェンニツェ、バルバカン、数多の教会などクラクフを代表する建築物が好まれました。 ショプカが再現するのはキリスト誕生にまつわる新約聖書の各場面ですが、ポーランドの歴史的出来事、風刺や伝統を描く場合もあります。さらにクラクフならではの民俗的伝統のアクセントが加えられるようにもなり、例えばライコニクというクラクフ地方に伝わるタタールの馬を模った人形などをあしらったものも出てくるようになりました。精巧な細工の建物や部屋の中には、細やかに作りこまれた人形が飾られます。最近ではからくり仕掛けになっていて動くものも多く、さながら人形劇場となっているものもあります。

毎年12月最初の木曜日にはクラクフ旧市街広場のミツキェヴィチ像脇でショプカのコンクールが行われ、大工たちが腕によりをかけて創り上げた絢爛豪華なショプカを楽しむことができます。最優秀に選ばれた歴代のショプカはクラクフ歴史博物館に展示され、また民俗誌博物館では最古の歴史的ショプカやオリジナリティにあふれた作品を見ることができます。

◆開催日:2018年12月6日(木)

※情報提供:ポーランド政府観光局
※ヨーロッパ旅行情報 @euro_tourより引用

*クラクフに行ける弊社のツアーはこちらをクリック☆
 ポーランドの他の都市が気になる方はこちらもご覧下さい!
 皆様からのご予約を心よりお待ちしております!

10月182018

【2018/10/18】スウェーデン、『聖女ルシア祭』

スウェーデンでは旧暦の冬至に当たる毎年12月13日に聖ルチア祭が行われ、「一番大切な冬の行事」と言われている。イタリア・シチリア生まれの女性聖者である聖ルチアは貧しい人々に財産の全てを提供した純粋な人と言われている。貧民の生活に光を与えた彼女は、光の聖人として、また農耕の守護神として親しまれている。

冬至は一番日が短い日であるが故、日が長くなり始める日。日が長くなることを祝う古来からの民間信仰に、キリスト教の光の聖人がいつの間にか一体となって現在に至る。

近年では職場や学校、教会などで聖ルシア祭が行われ、蝋燭の冠を被ったルシア姫を先頭に同じく白いドレスを着た女の子と星の使いに扮した男の子が行列を作ってサンタ・ルチアなどの歌を歌う。頭に載せたり手に持った蝋燭の淡い光が日の光を切望する北欧の人たちの気持ちを代弁しているようでもある。行列の後はサフランパンやジンジャークッキー、コーヒーやグレッグと呼ばれるホットワインが振る舞われる。

◆開催日:2018年12月13日

※ヨーロッパ旅行情報 @euro_tourより引用

◆スウェーデンに行ける当社のツアーはこちらをクリック★
 皆様からのご予約を心よりお待ちしております!

9月42018

【2018/09/04】プラハ、旧市街広場でのクリスマスマーケット

プラハのクリスマスマーケットは、クリスマスと元旦を含めて開かれます。有名なのが旧市街広場で開かれるものですが、新市街のヴァーツラフ広場でも開かれています。
明るく装飾された木製の屋台では、手工芸品や熱い食べ物(ソーセージ、軸付きトウモロコシ、ペストリー、地元料理)に、チェコのビールや、ホットワイン(svařenéヴィーノまたはsvařák)が販売されています。
また、地元特産のボヘミアンクリスタル、木製玩具、香りのキャンドル、手作りのジュエリー、セラミックマグ、帽子、スカーフ、伝統的な人形やクリスマスツリーの飾りのような素敵なクリスマスの靴下のフィラーなども販売しています。
最も印象的なのは、北部のクルコノシェ山から出荷されたクリスマスツリーです。ツリーは、毎晩午後5時前後になると点灯されます。これは壮観です。

◆開催期間:2018年12月1日〜2019年1月6日

※ヨーロッパ旅行情報 @euro_tour より引用

*プラハに行ける当社のツアーはこちらをクリック★
 チェコの他の都市が気になる方はこちらもご覧下さい!
 皆様からのご予約を心よりお待ちしております!

8月242018

【2018/08/24】ドイツ・ワイマール、玉ねぎ市開催!

 10月の第二週末に3日間、ワイマールで町の歴史を少し体験できます。 全旧市街で繰り広げられる1653年に始まった伝説的なタマネギ市の祭りは、毎年40万人の人でにぎわい、古典主義の町は非常事態になったようです。
 ワイマールではタマネギ抜きというのは考えられません:スープに、有名なおさげ髪形タマネギ飾り、生け花、それにワイマール風オニオンケーキ。 あちこちにステージに約500人のアーチストが出演し、同じくらいの数の飲食や小売りの屋台が出店しています。

◆開催日:2018年10月12日(金)〜14日(日)

※ヨーロッパ旅行情報 @euro_tourより引用
※情報提供:ドイツ観光局

*ドイツに行ける当社のツアーはこちらをクリック☆
 皆様からのご予約を心よりお待ちしております!